2018年6月27日水曜日

「国際水墨芸術大展」昨日、観てきました。沈和年先生のギャラリートーク、聴きごたえがありました。素晴らしかったです。私はまだまだもっともっと成長して行きたいと思いました。


水墨画の伝統の上に新風を期待する一貫した沈先生の寸評。作品ひとつひとつに溢ればかりの愛情と、水墨画の未来を楽しみに、もっともっと素晴らしい世界へと構築していきましょうね。と語りかけるその姿勢に感動しました。とても良いギャラリートークでした。
 展覧会は、まさに、性別国籍年齢を不問とする素晴らしい展覧会でした。
ぜひ、みなさんもご高覧下さい。
(来年は、私も出品応募したい、、、!!と思いました。)

2018年1月2日火曜日

平成30年戊戌 あけましておめでとうございます



 「ねずみとる ねこの後ろに 犬が居て」(猫の草紙より)、図は、猫好きの私が犬にぺろりとごっくんされそうにも見えるが、「毎日を明るく正しくみんな仲良く暮らしたい」と平和な世の中を願ったねずみの一句である。今日は、朝早くからワン(犬)を描いて年賀状書きに励んだ。近所の遊歩道を散歩するワンちゃんをずいぶんとスケッチさせてもらったのだけれど、、これである。我ながら犬に見えない。まだまだ修行が足らない。希望が覗いた一年の始まりである。

 今年もよろしくお願いします