2020年1月29日水曜日

映画"CAT'S"、なにもかもが圧倒的だった。世界中の猫好きたちが喉を鳴らして瞳を揺らして時々爪を立てて尻尾がないことを忘れて舌なめずりしながら夢を見たに違いない

 
猫が二本足で立って歌って踊る。生まれて間もないお嬢ちゃん猫がバレエを踊る。が街を走るときは這いつくばり、ミルクは舐めて飲む。私はこういうところが気に入った。何故ってお話はそうでなければ。だが、猫の仕草や習性は真実を極める。おひげや眉毛や尻尾で会話する。ボロボロのグリザベラが鼻水を垂らしながらメモリーを歌った時はその人生に貰い泣きをした。

 ”CAT'S"はトマス・スターンズ・エリオットの「おとぼけおじさんの猫行状記」に基づいてアンドルー・ロイド・ウェバーが作曲したミュージカルである。
更に、映画”CAT'S"は、人間も猫になれることを証明した。これには、猫を愛したエリオットもウェバーも大喜びで感涙に違いない。嬉しい驚きである。そして、もしかしたらである。或る日のこと、エリオットの感興にスタンランの絵「モンマルトルの猫たちのフィナーレ(至上の光栄)」が触れたのかもしれない、、と勝手に想像して、私は感動が止まらない。最高。

2020年1月12日日曜日

昨日、リベラル21にTIGER「眠る猫」と文章を掲載。韓国ソウル植民地歴史博物館のことを書きました。東アジアの平和の基点となるだろう博物館です。見て下さい。


                
          未来の子どもたちの地球が
          いつでも何処においても
          猫がのんびりと昼寝の出来る
          戦争のない平和な世界でありますように

                         祈りをこめて

2019年9月7日土曜日

2019年9月1日日曜日

展覧会のお知らせ/G2in ソウル"BORDERLESS"(9/4~9、耕仁美術館第二展示館)

 
 

今回で、3回目になる耕仁美術館の展覧会です。明日、早朝便で訪韓します。2年ぶりのチャンさんのお迎え、ソウルの皆さんとの再会、とても楽しみにしていました。お世話になります。今回は、地方に歴史探訪に出かけたり、ひっさしぶりのソウル動物園も行きたいです。植民地歴史博物館のTIGREにも会いに行きたいです。美味しいご飯もいっぱい食べたいし、楽しみいっぱいで嬉しいです。
「アニョハセヨ!コマスミダ!」

2019年7月15日月曜日

久しぶりに、「リベラル21」に絵と文章を掲載。タイトルは「猫に学べ」。見て下さい。

                             
                                   書棚の上で、「うおお~ん」」と啼く主水君。



2018年11月13日火曜日

主水君と銀蔵兄さんは書棚の山岳ツアー。韓国に行ってきました。お留守番、お疲れさま。明日は白内障まずは左目の手術。引き続きのお留守番、お願いします。


韓国では、植民地歴史博物館ツアーに参加しました。平和な世界で自由に思うがままに生きていることの喜びと尊さに胸が鳴り感じ入りました。アジアの平和の起点となることを願い、今年、建設開館された博物館です。「平和」を考えた意義ある3日間の毎日でした。